ビニプロTENT工場ダイレクト価格
  • フォームでお問い合わせ
  • メールでお問い合わせ
ホーム > テント生地の製作・加工方法

テント生地の製作・加工方法

テント生地の標準仕上げ加工、ハトメの種類・大きさなど、オプション加工・特注加工や製作方法などのご案内。

テント生地、シート生地などは専用機械によってプロの職人が1点づつ製作を行います。プロ職人によるミシン技術によってお客様がお求めの加工品や特注品を製作致します。テント生地を使用した特注カバーなどはテント生地のオーダーメイドカバーをご覧くださいませ。

テント生地の標準仕上げ・製作加工について

テント生地の仕上げ・製作加工

テント生地は用途に応じて製作方法なども異なりますが、日よけ・雨よけテント生地などの用途であれば、ハトメにロープを通して固定するような場合、4辺のフチを折り返して補強を行い、ハトメも同様に一定間隔で取り付けます。(一般的には150mm~200mm間隔でハトメをとりつけ)

テント生地を使用したシートカーテンなどであれば、横・下ラインにハトメは不要ですので、上ラインのみハトメを取り付けます(横・下ラインは折返し補強あり)シートカーテンでもハトメ間隔はおよそ200mm間隔が一般的となります。

テント生地のカバーなどテント生地を使用した機械カバーや、屋外用のカバー、ボックスカバー、立体型の加工品、養生マット、ケースカバーなどであれば、ハトメ自体も不要で、下記にございますような特注加工によって1点づつ製作致します。いづれも、お客様が希望される利用用途、内容などお聞かせ頂ければ、当店にて適切な加工方法にて製作・製造を承ります。使用するテント生地などシート素材も同様に多品目ございますので、用途・予算などに柔軟に対応させて頂きます。

テント生地に使用するハトメについて

テント生地のハトメ1
テント生地のハトメ2
テント生地のハトメ3
テント生地のハトメ4
テント生地のハトメ5

一般的に日よけ・雨よけテントなどで使用する場合であれば、25番、28番の真鍮ハトメが標準となります。ハトメの大きさなどは厳密に決まりはございませんが、2m×2m程度の小さなテントであれば25番ハトメ、4m×4m程度の大きさになれば、28番ハトメなどが一般的となります。当社では23番~28番までの真鍮ハトメであれば、数量を何個でも無料にてテント生地に取付致します。

沿岸部やプールなど水気が多い場所でご利用頂く際には、ステンレスハトメなども人気です。

ニッケルハトメは、別名で鬼ハトメとも言われており、テント生地に強く引っ張る場合や、大型屋根などで高い強度を求める場合にニッケルを使用するケースもございます。※但し、一カ所のハトメに強い力を加えると、ニッケルであっても、テント生地自体の損傷リスクがございますので、なるべく複数のハトメに均等に力をかけるようにして下さい。

基本的にテント生地を製作・加工する場合には、【ハトメの品番】、【ハトメの種類】、【ハトメの間隔】などをご指定下さいませ。不明な場合には当店にて適切な素材・間隔など考慮して製作致します。

テント生地の特注オプション加工

テント生地の特注加工

テント生地を使用して製作する特注品や加工品などは単純な平シートだけでなく、上記のような部分的な加工なども行っております。例えば、5面体のカバーなどを製作する場合は、脱着などが行いやすいように1面だけファスナー加工を行ったり、障害物や配管などがある場所で使用する際には切り欠き加工を行ったり、パイプなどに吊るして使用する場合は、袋状に端部を加工したり致します。

マグネットなどは特殊なマグネットのゴムを使用しておりますので、テント生地に縫い合わせる事なども可能です。この他、ポリカ板を入れたり、スリット加工を行ったり、ウレタンを入れてマットとして加工を行ったり、テント生地と組み合わせて使用する素材なども多数ございます。当店ではこのような様々な加工方法によってお客様ごとに1つ1つ、最適な方法と素材選定、加工技術によって長期間使用して頂ける高い品質を常に志しております。もしテント生地やシートなどを使用した製品や加工品などでご相談、お悩みなどございましたら、お気軽に当店までお申し付け下さいませ。

テント生地の製作方法は、高周波ウエルダーと呼ばれる特殊な専用機械を行って、反物と反物を溶着して1枚の大きなテントに仕上げます。このような専用機械は、テント製作を行う会社だけが使用するものですが生地を切り売りでお客様が購入された場合などは生地と生地をつなげる方法はミシンなどしかできませんが、当店にて指定サイズの大きさにシートを繋ぎあわせて加工を行い、発送する事も承っております。高周波ウエルダーなどで溶着されたテントは、屋根などで使用して人などが上に乗って歩けるほど強力に圧着・溶着されておりますので、もちろん雨などの浸水もございません。テント生地を屋根やカーテンなどに使用する場合は、お客様での加工は困難ですので当店にご依頼下さいませ。

テント生地の素材や種類によっても溶着方法が異なり、熟練のプロだからこそ可能な製作方法です。経験の浅い職人などが行うと、穴が開いてしまったり、焦げてしまったり、シワが入ったり致しますが、当店で取扱いのテント生地などを行うする際は、いづれもベテランの職人が1つ1つ製作を行っておりますので、ご安心下さいませ。

高周波ウエルダーで溶着したテント生地を、今度は業務用のミシンを使用して縫製加工致します。使用するミシンの糸は、テント生地の素材や厚みによって異なりますので、その点もベテランの職人が判断してミシン加工を施します。このミシン加工は誰でもできるように思われますが、家庭用のミシンと違い、パワーもスピードもございますので、慣れた職人でなければ中々テント生地を縫い込む事はできません。又、ミシンのかけ方もテント生地の加工方法によって技法が異なりますので、負荷がかかる部分や、逆にミシンを掛けすぎてはいけない場所などもありますので、そのあたりの判断はベテランになるほど極めております。

このように、専用のミシンを使用してテント生地を使用した日よけテントや雨除けテント、テントシートカーテンなどをオーダーメイドで1点1点製作を行っておりますので、手間暇かけて誠実に真剣に製作に自信をもって取り組んでおります。

テント生地の加工品・製作

テント生地の加工・カバー・オーダーメイド特注製作

台車カバー、箱カバー、機械カバー、設備カバー、マット、養生シート、保冷カバー。テント生地を使った特注カバーの加工やオーダーメイドはお任せください!1点からサイズ問わずプロ職人が製作致します!業務用のシートカバー全品対応。

詳しく見る

テント生地の日よけ・雨除け

テント生地を使った日よけテントや雨よけテントなどの製作案内。日差し対策!雨よけ対策!サイズ・形状など全てオーダーメイド対応!テント生地を使用したシートカーテンなども特注サイズでオリジナル製作致します。

詳しく見る

テント生地のシートカーテン・間仕切り

テント生地を使用した倉庫や工場などの屋外用シートカーテン、屋内用の間仕切りシートなど、耐久性・耐候性抜群のテント生地を使った加工のご案内。全てオーダーメイドにて特注加工を承ります。防炎・防水素材のテント生地がオススメです。

詳しく見る

テント生地の製品一覧

防炎・防水テント生地
  • メッシュテント生地
  • デザインテント生地
  • 透明ビニールテント生地
  • 半透明ビニールテント生地
  • 防音テント生地
  • 不燃テント生地

テント生地について

  • テント生地の機能マークについて
  • 用途からテント生地を選ぶ
テント生地のよくある質問

テント生地の製作方法・加工技術

製造工程から細かな製作の技術をご紹介いたします。
マジックテープ加工、袋加工、ファスナー加工、切り込み加工など特殊な加工品の製作方法やオプション加工などをご案内致します。

詳しく見る

ご利用案内

  • 送料・決済について

    送料・決済について

    テント生地の切り売り、加工品販売に関する送料や決済方法についてのご案内。決済は振込、クレジット、売掛などに対応しております。

    詳しく見る
  • 納期・返品について

    納期・返品について

    テント生地の販売に関する納期、返品などについてのご案内。切り売りなどであれば最短翌日出荷にも対応しております。

    詳しく見る
  • ご注文・製作の流れ

    ご注文・製作の流れ

    テント生地の切り売り、オーダーメイド加工などに関するご注文の流れについてのご案内。不明点などはお気軽に当社までお問合せ下さいませ。

    詳しく見る

お問い合せ・お見積もり依頼はこちら

■無料見積もりについて

メール・FAXは24時間受付中無料にてお見積り致します。(お電話は平日9:00~17:30)

■カタログ・生地サンプルについて

メール・お問合せフォームからお申込み下さいませ。サンプルは無料出荷致します。

  • メール
  • FAX見積依頼書(PDF)
  • FAX見積もり

お電話、お問い合わせフォームは以下よりお願いいたします。

0120-442-723
お問い合わせフォーム